モンテッソーリ教育とは

日本におけるモンテッソーリ教育

子どもの自主性、独立心、知的好奇心などを育み、社会に貢献する人物となること(モンテッソーリ教育の終了は24歳)を目的とするモンテッソーリ教育は、欧米ではオルタナティブ教育として評価されている。

一方、日本においては潜在能力を引き出す、知的能力をあげる、小学校のお受験対策といった英才教育や早期教育として注目され
幼児教育だと誤解される 』 ことが多く、マリア・モンテッソーリが、『 知的・発達障がいの治療教育、貧困家庭の子供たちへの教育 』 から、発展させてきた教育法であることはあまり知られていない。
ウィキペディアより

「整えられた環境」と教員養成

モンテッソーリ教育では、子供たちが安心して自由に遊び、作業のできる環境整備が重視される。教室が清潔に保たれ、子供の目線で教室を見渡せることにも配慮が求められる。
また、モンテッソーリ教育法における教師の存在は、教室や教具と同様、整えられた環境の担い手のひとつと考えられている。

彼らには、教具などを扱う技術や管理する能力も要求されるが、何より子供を注意深く観察する態度が要求され、各々の子供たちの欲求に沿ってその教育を提供する注意深さが求められる。

また、子供たちの集中時、それを妨げない心遣いや、子供の自発性を待つ姿勢も養成コースにおける重要な要素となる。

晩年のモンテッソーリが力を注いだ教員養成方法は現在も世界各国で実践され、この厳しい教員養成もモンテッソーリ教育の特徴のひとつにあげられる。
 ウィキペディアより
 
 
モンテッソーリ教育 放課後等デイサービス 『せいび学園』 NPO法人花華